10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.04.06 (Wed)

BOUT68感想・柾木パート~萌えるなってのが無理な話~


注意事項。

あきさん大暴走。それだけです。
ここに遊びに来てくださってる方で、かつ、今週号をご覧になった方は、私のテンションがどんなことになってるか凡その見当は付いていることでしょう…。
予想通りのテンションなので、前置きで多くは語りません(笑)

では、感想です。

【More・・・】


吉柾ひゃっほい。

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァ(*´д`*)ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ ←病気。

いやー、市川先生様、やってくださいましたね…。
まさかね、まさか、吉岡さんと柾木が原作で本当に絡む日が来ようとは、人生がんばって生きてりゃいいことありますね…。
まぁ絡むと言っても「誰だおまえ…?」「吉岡…!」ってだけで、会話のキャッチボールにすらなってないんだけどね、単なる遭遇みたいなものだし。充分だよ。
つか、読みすぎて開きぐせがついたんだけどもこのページ!

このままだとずっとだらだらと語ってしまうので、本編を追いながら順繰りに萌えを吐き散らしていきます。

冒頭、一人真っ暗な夜道を歩く千春さん。ちょ、君みたいなカワイー子がこんなとこ一人でほっつき歩いてたら危ない襲われるよ?(しごく真剣です)
彼氏…ゲフゲフン、保護者はどこ行った保護者は!!
私はてっきり学校からそのままどっかで時間つぶして廃工場へ☆とか思ってたんですが、一回家に帰ったんですね。私服になってる。なんか病院からそのまま抜けだしてきたみたいな私服なのが気になりますが。中のTシャツがよくない気がする。でも、カーディガン好きだね千春さん、可愛いよぅ。
砂柾同伴出勤じゃないのは、「俺んちで時間つぶすか?」って砂原が誘うも、「オメーんちに行ったら戦えなくなっちまうようなことで時間つぶす羽目になっから断る」とか言われたのでしょう、日頃の行いですね(教訓、後先考えずに押し倒すのはやめましょう)。

で、柾木ですが、なんかみょーーーーーに憂いを帯びたような、そんな表情をしている気がします。美貌に磨きがかかっているのは非常にいいことですが、気になります。
まだ耳が痛ぇと呟く、彼の脳裏によぎるのは昼間の砂原、瀬下との会話…。

瀬「もしかしてオメーら二人が残ったとしても…やり合う気なのか?」
砂「瀬下オメー…あんま野暮なこと言うんじゃねーよ」
柾「……もしかして…なんかじゃねえってことだ、俺らン中ではな」

砂原のセリフが、直訳すると「俺たち二人の関係に口出しなんざ野暮ってもんだぜ」に聞こえるのは私の脳味噌が腐ってるからかな、かな?(白々しい)
柾木も柾木で出ました「俺ら」=二人はいつでも二人で一つ的な発言。(少し黙れ)

と、浮かれるだけで済まそうかと思ったんですが、どうもこの時の、柾木の「……」という間と、「もしかして…なんかじゃ~」と言ってる時の、これまた妙に普段とは違うような表情が気にかかります。こと戦いの話になれば嬉々として不敵に笑みを浮かべちゃうテトさんが、なんか違う。
回想が終わり、自販機前で足をとめた柾木、ジュース買って、これまたなんか目のあたり横顔のアップがちょっとさびしげなような、不思議な表情。
とか思いつつ、柾木は炭酸を飲むのね、という発見を脳内メモに書き込む腐女子脳…。

この表情+この回想ということは、この柾木の雰囲気の原因になってるのは明らかに会話の主体となってる『砂原と戦う』ということのような気がしてなりません。

考えられることを申し上げます。あくまで私的になので、お気を悪くされたら申し訳ない。
一つ。柾木は、本心では砂原と戦いたくないと思っているのでしょうか?
でも、それはちょっと考えにくい。中学時代も散々喧嘩はしたでしょうし、喧嘩は彼らのじゃれあいみたいなものですし。とはいえ、砂原「と」戦うより、砂原「と共に」戦う方が、柾木には嬉しいことなんじゃないかとも思うんですが。
二つ目。砂原が先の闘いで朝桐に対して抱いたような焦燥感を、柾木もまた砂原に対して抱いている…とか。
砂原と柾木の実力。それはコンビであるから対等なわけだけど、実際問題砂原の方がやや優勢なような気がしないでもありません。
強さを求めてどんどん先に行こうとする砂原。もちろん柾木自身も強さを求めてる一面、喧嘩を楽しみたいという方が彼の中で勝っているような気がします。
対等であるということは、追いつ追われつというある種の緊張感を伴う関係でもあると思うので…。「置いてかれねーようにしねぇとな…」みたいな感じなのかなーとか。ああもう、うまくいえないんですが、とにかくそんな焦燥めいた何かが、胸の中にあるのかなーと、ちょっとした妄想です!

それにしても、柾木の瞳って通常時と戦闘時の黒目の大きさの違いが際立ちますね!黒目でっけえよ!かわゆすだよ!!
あと、自販機からジュース取り出そうとしてる柾木の尻がたいそう卑猥だと思いました、まる

はい、そんなところにお久しぶりの降井&徳武参上。仲良く2ケツです、また砂柾でも見せていただきたいものです。
降井さん、朝桐以外目に入ってなかったと思ってたらちゃんとテトさんのこと覚えてた!「よーく」覚えてるって!そりゃね!こんな美人さんだもんね!!(おい)
徳武とも相棒として仲良さそうでなによりです。
そしてここで、吉岡とLSDが手を組んだことを知り、自分たちがLSDへのエサになっていることに勘付きます。

一方、紫の元へ番場からのTEL。風間から番場へ、そしたらやっぱり…いくよね~、堂門さんへ情報が!
役者がそろいそうでぞくぞくわくわくしますね!!
夜の街と堂門さんが似合い過ぎて困る(*´д`*)

そしてまた一方、廃工場に集う砂原たち…。柾木除く。
ギャグパートはもう書いたので抜かしますが、ホントヤバいなこの「よいしょ」のポーズ…(震笑)
覆面してるくせに大将の顔がイケメンで困る(笑)

さて。
さーーーーーーて!!
きましたよ。我らが姫の動向です。
おめーマジとバーツって相方がいるだろとついついツッコミを入れたくなる佐士(古)
待ち伏せして先手を取った柾木、「邪魔立てはさせねえ…」ってかっけえな柾木!!美しすぎるだろ柾木!!
が……。
彼の後ろに現れる一人の男。
あの柾木に冷や汗をかかせるようなプレッシャーの持ち主、柾木と身長が5センチは違う気がすると期待を持って見つめてしまうこの一コマ…。
ドS鬼畜王子、降臨。
ぜっっっってーーーこの人鬼畜でしょ!!そういうキャラでしょ!!柾木のこと平気でひどいめにあわせることできちゃうでしょ!!(大興奮)柾木逃げてー超逃げて!!危ない!!(性的な意味で
あ、私が言う吉柾は、根底に砂柾ありきの吉柾です。って前も書いた気がしますが(笑)砂柾があってこそ萌える、それが吉柾!!

まーーーーさかこんな千春姫展開が見れる日がこようとはな!!柾木祭がこんなに早く再び訪れるとも思ってなかったし、ヤッバイですね(腐的な意味で)

そしていーとこで場面転換、廃工場です。
柾木こねーよ先におっぱじめようぜーなところに、LSD襲来、いつかのデジャヴュのように。
佐士たちも現れます。
てか、「フフフ…どうした?柾木を待ってんなら…奴は来ねえぜ……!!」ってめっちゃ柾木ヒロインだろこれ…!!!!!
しかもその台詞にいち早く反応したのが砂原ってのがまた萌え。ちきしょう、オラ、萌え殺されっぞ。

不敵にLSD&佐士を迎え撃つ光嶺の1年の雄こと砂原たちはとってもかっこいいです、ここで一週お休みってのが泣けるくらいに。

千春姫は!千春姫はどーしたあああ!!!(ハァハァハァ)
てことで、これ以上長くしてどうすると思いつつ予想。
吉岡と遭遇してしまった柾木はどうなったか。
佐士が「来ねえ」と断言したような状況にあることは確か。
・本番前の前哨戦としてフクロにされて、気絶したままどこかの路地に捨てられている。
・利用価値ありとして、どこかに監禁されている。
・吉岡さんがアジトにお持ちかえり。

ここまでやったんだから、ぜひぜひ3つめでお願いしたいところです(笑)

砂原たちを取り囲んだ中に、津野、志摩田といった幹部クラスはいなかった。吉岡さんもしかり。ということは、上の連中はどこかのアジトで待機している、もしくは姿を現さないまま状況をどこかから見ている。
それによって柾木の出番も変わってくるんだよなー。

BLならさ、輪姦だの吉岡さんによる鬼畜プレイだのとそんな展開に絶対突入してますよね。
でもこれは不良漫画だしWMだし、んなことにはならないだろうから、まぁそこは脳内で補完するとして、しかし柾木…!!どうなるの!!

隠れてる大将がキーになったりするかな。
テトさんがヤられて怒り狂う大将が見たいかも。「ダセエぞ」とか言いつつ、苦しげに眉をしかめる砂原さんが見たいかも。

もうホント、ごちそうさますぎて妄想が追いつかない!!

長過ぎたので、ここでいったん終了します(笑)
お付き合いくださりありがとうございました!
スポンサーサイト
19:03  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/126-3cef846b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。