08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2010.11.25 (Thu)

ビル・ゲイツ(爆笑)/マガジン簡易感想と時系列考察(妄想)

大将…あんた最高だぜ…。


初っ端の見開きでいきなり吹きそうになっちゃったじゃねーかよ!!


今週はテトさんがでてないので買いはしませんが、ちゃんと立ち読んできました。

おでん先輩が出てた!遥たちにお使いたのんでたけど、パシリって感じじゃなくてお使いって感じでさすが東郷さん、カッコイイ。
瀬下ノートも1巻以来の登場で…。紫ね、校長先生だよね(笑)ふけすぎだよね。大将のツボにハマったようです。
てゆっか、綾瀬遥かい。
よくよく遥ちゃんのキャラを思うに、この子はもう総攻めでいんじゃね? って結論に達しました。というわけで総攻めです。
受けな遥には萌えないんだけど、攻めな遥を想像するとけっこう萌える。可愛い攻めもいいじゃない。
千春とからまないかなぁ…。
千春(姫・受)と遥(姫・攻)、光嶺の姫対決でいっちょ。

紫VS綾瀬~朝桐杯~の三つ巴になり、確かに某様のおっしゃるとおり話的にはけっこうおもしろかったんですが、やっぱりテトさん出てないときっついよーー。私の精神がすごく活動限界。シンクロ率400%超えて暴走モード突入するには柾木が登場するしかありません。

でもこの展開で出るか…?
というか、この新章の根っこに一番何がくるのか、ですよね。

1年生の覇権争いか。童門派との闘いになるのか。それによってキャラがどんなふうにからんでくかも違ってくるし…。確かに、某所にも書いてあったけどまだ導入部分もいいとこなんだろうな。
というわけで長い目でテトさんを待つことにします。でも我慢できてあともう1,2週だから!!
柾木や砂柾が見れないと私…マジで…瀕死です……。

こういうときサイトさんとかで小説とか漫画とか拝見できれば心の癒しになるんですけどね、いかんせんないし(泣)冬コミでせめてペーパーだけでもないか、1日目にマガジンスペを徘徊しようと思っております。

あー、でも、砂と柾に焦点が当たるには、やっぱり北条さんが出てくるしかないかなぁ。北条さん、光嶺をやめたってことになってるのかな。それとも普通に「行方不明」なのか。でも行方不明ってどうしちゃったのって感じだし…。
樋口さんがどうして北条さんをあんなふうにぶっつぶしたのかも謎だし。光嶺のなにがしかの掟をやぶっちゃった?(=光嶺として許すまじ所業をやっちまった?)
北条さんがつぶされた時期って、いつなんだろう。時系列はそのうち書き連ねようと思ってたんですが、柾木が砂原に「北条さんがつぶされた」って知らせに行った時、もう砂原が学ラン来てたから、彼らは高1にはなってたと思うんですよね。
朝桐が転校してきた時期はおそらく5月くらいとすると、入学式のあと、けっこうすぐなんじゃないかなーと予想。
で、砂原は樋口派に。柾木は一匹狼の道を選んだ、と。
すんごく妄想なんですが、この時期の柾木の心情を思うとものすごく切なくなります。
たぶん柾木って中学時代も誰かとつるむってことはなかったんじゃないかなと思うんです。北条さんにもたぶん一人で喧嘩を売りに行ったと思います(笑)
その彼に初めて出来た友であり仲間(ウマが合わないとかいいつつ、おまえら仲よすぎですからと突っ込んでおきましょう)である砂原。
北条さんの仇をいっしょにいずれ討つと思っていたことでしょう。なのにそいつは樋口派に寝返ってしまった。

このときの別れ方として、
①「俺は樋口につく」と面と向かって言われ、ふざけんなと拳と蹴りの大喧嘩、決着つかないままボロボロの状態で言葉もなく袂をわかつことになった二人…(雨とか降ってたら最高のシチュです・妄想増加)。
②後ろめたさとわずかの罪悪感、中学時代の郷愁がくすぶり、どうしても面と向かって柾木に言えない砂原。風の噂or砂原軍団からの呼び出しで、砂原が樋口の下についたと聞かされる柾木。頭真っ白。とりあえず後者の場合砂原軍団ぼっこぼこ。
という想像をいたしまして。

そらぁ人間不信にもなるってもんです。1巻登場時の、「誰の力も借りねぇ」「近づくんじゃねえ」「俺は一人だ」エトセトラエトセトラ…。裏切られた傷はそうとう深かったことでしょう、誰も信じられず近づく人間は全員傷つけ、甘っちょろい感情を心の奥の方に押し込め…。

あああああもう萌えるっっっ!!!(けっきょくそれ)

そんなときにあんな破天荒な大将に出逢っちゃね…。もう運命すぎるよ。
じわじわとかそんな生ぬるくじゃなく、どかーーんとテトのATフィールドをぶっ壊しちゃったんだもんよ。

「あ、こいつについてこ」

って、ストンと柾木の腹の奥におさまったと思う。
それからはもーね、この子、いったん気を許した相手だとどこまでもついてくね。ホント可愛い。尽くしっぷりが半端ない。


そんなテトさん、現在朝桐とスナーラさんに挟まれて幸せでしょう、ええ。
ホント、お幸せに! あなたが幸せならこっちも幸せですから!!

そんな彼には、「大将の嫁」、そして「砂原の奥さん」という称号を与えたいと思います。

すみません、柾木至上主義ですみません。
語ったなー。

では、失礼っした!!

スポンサーサイト
23:50  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/14-9e62200b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。