10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.03 (Fri)

BOUT74感想~そんな格好して…誘ってんのか?~

柾木の体勢のエロティックさに度肝を抜かれるとともにハァハァこりゃあけしからんぜよ状態になった柾木(受)ファンの皆様こんにちはこんばんは、ご多分にもれずその列に私も加わりましょう、どうも、あきでございます。

感想が遅くなってしまいどうも遅筆すぎていけませんね自分。というか、3日ほど前に一度書いたものが消えてしまいやる気を失ってて本日簡易感想でもいいからまた書こうと思って下書きのとこ見たら消えずに残っていたという不思議現象があったりしました。あーびっくり、でもよかった~!

てなわけで、本日もたった2コマとはいえ瀕死の状態で出てきてくれた我らが千春姫のため、不肖ながらこのあき、粉骨砕身萌えの限りに感想を叫ばせていただきたく存じます。

と、その前に。
サイトトップにツイッターをリンクしました。
最近どうもあちらで日常的につぶやくことが多く、ブログがおろそかになりがちになってしまったので…。
けっこうな率で短い妄想とかも投下してます。鍵はつけてませんので、よろしければたまーーに覗いてやってくださいませ。
ほんっとにくだらないことばっかり呟いてますからね!うふふ(^ω^)


さてさて、千春が出てきてきゃっほうとはいえ、まだまだ飢えは解消されておりません。
ゆえにうっかり愚痴もとびだしてしまう可能性が大なので、そゆのはちょっとなぁと思われる方は、感想を読まないか、鬱々したところだけスルーをお願い申し上げます。
せっかく読んでいただいてる皆様にはめんどうくさいことをお願いしてしまって申し訳ありませんが、よろしくお願いしますm(__)m


てわけで、ほとんどを妄想で埋め尽くした感想、書かせていただきまっす!

【More・・・】

さてようやく本題の1年最強決定戦に話が戻った決勝組。
千春はどうなっているのだろうと事前にいただいた情報によりそりゃもうwktkしながら2ページ目へと紙を繰ると…。

おっま…ッ!!
ちょ、いやらしい!
私はそんな風に地べたにしなやかな肢体を投げ出しながら誘うように股を広げつつ汗ともつかない白くも見える液体を口周辺に浮かべるような子に萌えた覚えは…!
あーーーーー…ある、な。うん。あるある、大いに(´・ω・`)

くそっ、なんてこった。天然で純だからこそのこの無自覚な魔性っぷり。エロいっちゅーねん!!
こんなやーらしい子をスルーして吉岡さんが消えるはずない。絶対耳元で「またな…」とか囁くとかそんな置き土産したでしょおおおおおていうかしていてえええええ!血ごと頬を舐め上げるとかでもいいから!!!(叫)
そりゃこんな柾木が倒れてたらへとへとの砂原だって元気になるだろうよ。いろいろと元気になるだろうさ(部分的な意味で)。
くうっ、この誘ってる様な半開きの股をもっと広げてやりたいいい!後ろ手に縛り上げて胸が見えるまでカーディガンごと服まくり上げてええええ!!!

ま、萌えの叫びは置いといて。
そんな千春ですが、2話目の初登場回でボコされたとき並みに顔が血みどろになってます。いくらなんでも出血多量になっちゃうでしょってくらいの血まみれっぷり。
しかしなんでまあこの子はこんなに血が似合うのかなぁ。萌えを禁じえない。
そんな彼が、決定戦を「降りる」と言った時、ぶっちゃけ私は「はあ!?」ってのと「あー、やっぱ脱落かぁ」というがっかり感を覚えました。はっきり言ってね。
んだよーちきしょうめと、やさぐれもしました。
柾木なら、ボロボロだろうとなんだろうと参加を表明したうえでぶっ倒れるくらいのことしてくれるかなと思ってたからです。
でもね、なんか「勝手にやれ…クソが…」って言ってる柾木の表情が案外さっぱりしてて、「あー、ま、いっか」と思えるようになりました。なんだ、ちゃんと納得してるならいいやと思えたのですよ。
もとより『純度』を上げて朝桐と同じように『最強』を求める砂原と、柾木の方向性は違います。
闘いが好きで、決定戦も「ンなおもしろそーなこと勝手にやってんなよ」というような、闘いをひたすらに求める思いの延長にあったんじゃないかと思うのですよ、柾木にとっては。
強くありたい、強くなりたい。その想いももちろんあるでしょうが、ひたすらに強さの頂点を求めているわけじゃないのだろうなぁと。
だから朝桐のことは早々に認めてますしね。
ただ、砂原とは常に対等でいたいと思ってるだろうと、そんな妄想をしたりしてます。

なんかうまく表現できずすみません、支離滅裂すぎますね(汗)
柾木の内面は言葉にするには難しすぎます。そこがいいんですけどね…!!(萌)


そんなこんなで決勝は朝桐vs紫、砂原vs六田。
六田の「相手にはこだわらない」って言葉に砂原も同意を示してますが、これたぶん、朝桐と闘いたかったんじゃないかなーと思ったり。今はかなわずとも、負けることが新たな強さに繋げることができると、砂原は学んだはずなので。

そんな緊迫した中、以前の紫の関係ない回想に対抗した大将の妄想にクソワロタあああああ(腹筋崩壊)

名探偵アサギリ、解決に乗り出した事件で殺されてるのが桑村ってのがもうお約束過ぎて腹筋がねじれる。
しかも犯人柾木だし!!朝ちゃんの中で柾木の位置づけが知りたい、心底知りたいw
「私がやりました」って言ってる柾木のシャツのサイズが合ってないように見えるのは私の妄想フィルターのせいか。少しおっきめのを着てるとこみると、北条さんんんん?!あんたこれ着せたああああ!?!?(GJ!)
しかし本誌で手錠プレイか、レベルたっけーなオイ。

緩いシーンは本当に緩く、カッコイイシーンはマジでカッコイイ。
アバウトの真骨頂発揮の決勝戦開始は2戦同時の始まり。
紫に向かってく大将のカッコよさに全俺が惚れるわ!!
そしてまさかの童門さん。
つーか童門さん、暴れたいからかはわからですがふらふらとバット持って街を徘徊すんなしwww
怖ぁああああ!!
童門さんの破壊衝動と言うか破壊活動はホントに怖いな。普段は極めて常識人ぽいだけに。

紫が『お前には人生を変えるような出会いが足りない』って朝桐に言ったけど、大将はすでにその出会いを『与える側』でもあるからなぁ。
ツイッターでも書いたんですが、実は朝桐もそんな出会いを昔にしてて、それが北条さんだったら…なんて妄想をしました(朝桐は北条さんの名前も素性も知らない、一期一会の邂逅だったとか)。

さーて決勝はどうなるんか。これ以上引き延ばすのもあれだし、六田と砂原は相討ちで、朝桐一人が勝ちぬくって展開になるのか、はたまた朝桐vs砂原の原点回帰か。
六田が勝ってvs朝桐の可能性ってあまりなさそう。だってこの二人じゃ因縁ないから盛り上がんないもの。

この戦いが終わったら、ぜひぜひゆるーーーい朝ちゃんツアーズとか柾木メインの話とかやってほしいな。砂柾メインとかでももちろんよし!!吉岡さんがゆら~りと現れて聞きそこねた柾木の名前聞きに来るとかでもいいよ!(^ω^)

展開早いし、6月中にはこの話も終わって新展開に向かうとは思うけど、さてどうなるやら。
ともあれ来週も楽しみに。願わくば柾木も出ますように☆

ではでは、読んでくださってありがとうございました~♪

スポンサーサイト
21:35  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/149-fc6025f4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。