08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.09.15 (Thu)

BOUT88感想~意外と落ち込んでいる自分がいる~


さんざ「ブラック北条さんで傷心の柾木とか萌える!!」ってほざいてましたが、いざ本当にそうなると結構つらいものがある…。

だって、柾木は北条さんの仇を取りたい一心で光嶺で孤高を貫いて戦っていたわけじゃないですか。
親なしっ子だった柾木にとって、北条さんて言うのは兄貴以上の敬愛すべき大事で大切で大好きなにーちゃんだったわけじゃないですか。

そんな人が、まるで人が変わったみたいに光嶺制圧に乗り出そうとしている。
自分の敵になるかもしれない。
ショックは計り知れないですよね…?

そう思うと可哀想で痛くって…。

でも何が最低かといえば、そう思う反面やっぱり萌えてる自分もいると言うことでしょうか(爆発しちゃえ)
次回にどんな反応をするのだろうとか、もしも北条が「こっちにこねーか?柾木」とか言い出したらどうするのかとか、考え出すとニヤケたり深刻になったりまー荒ぶるわけですよw


さて、今回は感想及び、へっぽこ論文みたいな考察を書かせていただきました。
脳みそに皺がほとんどない無駄に妄想だけが豊かな脳髄の持ち主が書いているので予想でも予測でもなくただの覚書程度のものですが、「いや、私はこうじゃないかと思うなー」とか、よろしければご意見お聞かせいただければ嬉しいです(^ω^)

なんか、今まで自分の中で描いてきた北条さん像と「チームイーター」としてのブラック北条を自分の中で噛み砕いて整合させて昇華させる作業が大変で大変で…。
頭の中を整理しないとやってられまへん(笑)

ではでは前置きが長くなりました。
もちろん今回も萌えポインツ込みで、感想書かせていただきます!

【More・・・】


・北条軍団inラーメン屋w
あのおばちゃんの店じゃないですよね、店名違うし。北条さんすげえええwww
他の皆にもなじんでてすげえええええwwwww
わやわや騒いでる朝桐たちから少し離れて、隣同士でラーメン啜る最凶コンビが可愛い。
何ラーメン食べてんのかな~、砂原は醤油が好きそう。柾木はあっさり塩で野菜たっぷりラーメンとかかな。
柾木の頼んだラーメンにチャーシューが乗っかっていたら、もれなく砂原行きになります(^ω^)

・駆け巡る噂。
東郷さんが手に入れてきた『妙な噂』は2つあったようです。
一つは、反光嶺勢力が表立って喧嘩を吹っかけてきていること。
もう一つは明かされなかったけど、この流れから考えるに北条さんに関することなのかな。
これが、以前出てきた「大抗争」へと繋がるのであれば、派閥がどうのとはいってられない。
まずは情報を共有する必要があるでしょうね。
樋口派以外の面々に樋口自身が率先して何かを働きかけると言うことはほぼないだろうから、樋口の右腕とも言うべき存在の東郷さんが、持っている情報を他の派の人間に開示し、共闘する、というのが考えられる線でしょうかね。


番場さんひゃっはーーーー!!!
……あの、ブログだけご覧になってる方には言ってなかったかもなんですが、実はわたくし童門&番場がアバウトTOP3に入るくらい…大好きです……(暴露)
だって童門さんカッコイイし凶暴だしカッコイイし可愛いし、番場さんは可愛いんだもん可愛いんだもん可愛(ry
カプ萌えってわけじゃないんですよ。コンビ萌え…師弟萌え?童門さんのことも番場さんのことも普通に大好きだから、純粋に好きなんですよこの二人(´∀`)

・川地、陥落。
最後になって川地さんをやったのが誰がが判明するわけですが、ショックですよね…。

・アイス大量買いの東郷さんwww
…そして、いい加減番場さんの膀胱が心配です(笑)下腹部にくらわなくてよかったネ…!

・カードゲームinジェニーズ
マジック&生活って何よwwwwwwww
今回の話のタイトル何かと思ったらコレだったとはwwオニギリが悪顔に!!もうなにこの子たち…!!!
ふっつーーーにゲームの成り行きを見守ってる砂柾がおもしろい。桑村は喰いすぎでダウンかと思ったら、菊田(弟)連れて川地がやられたこととチームイーターについての報告。
面会謝絶って…!!



…そして運命の夜―――



北条を呼び出す砂原と柾木。俺を呼びだすなんて偉くなったなと冗談めかして笑う北条さん。
もうこの辺で北条さん=黒幕がビンッビンきてて、煙草吸ってる大ゴマの北条さんですらある種恐怖を覚えます。

そんな彼らを囲む『チームイーター』…。
ここのじわじわじわじわ北条さんが本性を現していくくだりがぞっとするというか、今までの明るい北条さんとのギャップが怖くてちょっとトラウマ。
ここらで砂原も柾木も何かおかしい、ひょっとしてって、嫌な予感が頭の中グルグルしてたと思います。それでも。まさか北条さんがって信じたい、でも、決定的な一言が当の大好きな兄貴分から発せられてしまった。

「俺がチームイーターだ」


しかもすっげえ鬼畜顔ですよオイオイ。


うん…でね、でたよでましたよ。
次号休載。


ひぎゃあああああああああああああ!!!!!(滂沱)
ちょ、ここでかよ…ッ!!!
前の吉岡と千春の遭遇と言い「やれ…砂原…」といい今回と言い、どうして千春絡みで次の展開が期待できる時に限って次号休載なのおおおおおおおお!忍耐が試されていると言うのか…!
くそっ、なんという焦らしプレイ。

それはさておき、どうしようイヤだよー。このまま最凶コンビがフルボッコにされちゃうの?
最初は北条さんも「オメーらは可愛い舎弟だった。昔のよしみで見逃してやる。二度と俺に関わらねーで、光嶺も退学しろ」みたいなことを言うけど、ざけんな、って激高した砂原と、どうしてこんなことするんだよアンタらしくねーよ!と問い詰めたい柾木が北条さんに向かって言ってあえなく返り討ち(しかも北条本人じゃなくルパン一味とかに)みたいな感じになっちゃうのか…!?

いやだよーどうなるんだよー。
ホワイト北条に戻る日は来ないの?
せっかく柾木の心にあったかい陽だまりをともしてくれた北条さんがこんな形で裏切ったら、柾木マジ精神おかしくなっちゃうって…!!



で、ここまですげー展開の早さに脳内がおっつかないのでw、ちょっと私的メモのごとく書きだしてみました。
ご興味のある方は読んでやってください。できれば意見お聞かせ願えると嬉しいです。


●「チームイーター」の目的
・「チームイーター」が無差別なチーム狩りを行っていたのは数多存在するチームを潰す、というのが目的ではなく、あくまで最終目標である、「光嶺制圧」のための前段階であった。
よって圧倒的な破壊力でもって頭目を潰しチームを瓦解させ、そのチームの中でも精鋭と呼ばれる者(かつ光嶺制圧に乗り気である者)を取り込み、勢力を拡大していった。

・右頬に傷のあるあの男は誰か。
あの男が仁宮をボコしたのは間違いなく、恐らくは北条さんの仲間であり、北条さんが言っていた「ネンショーでできたダチ」なのではなかろうか。
あくまでチームイーターの首領は北条さんとみられる。

●なぜ北条さんが光嶺に対する宣戦布告をし、制圧に乗り出したのか?
理由はいくつか考えられる。
①自分を潰した樋口への復讐。
しかもそれは樋口個人への復讐ではなく、光嶺の掟を象徴するような樋口を通しての光嶺に対する復讐なのではないだろうか。
つまり、北条さんと川地さんが潰された理由は、『光嶺の掟』に依るところが大きいのではないだろうか。
それであれば、樋口個人ではなく光嶺全体へと矛先が向かっている理由につじつまが合う気がする。
しかし、あれだけ仲のよかった川地さんに面会謝絶になるほどの重傷を負わせていることから、一概に光嶺云々だけが原因とはいえない可能性もある。

②限りなく0に近い希望的観測。
光嶺に対して恨みを持つ者たちを集合させ、そいつらを光嶺の人間たちに返り討ちさせる。そうすれば光嶺の敵は一掃されたも同然である。そのためにチームイーターの首領として周囲を操っているのではなかろうか。
…ただしこの推測は、川地さんのことを面会謝絶に追いこむほどに暴行したことを考えると、極めて低い可能性であると思われる。


●なぜこの時期に?
北条さんの言っていた「俺には時間がない」という言葉が気になる。
普通であれば、不治の病などで自分に残された時間がないと言う意味になるであろうが、なんせアバウトだからわからない。そんなベタなことになるというのも少し考えにくい。



すべての鍵は、樋口vs北条から続く北条失踪事件が握っているはずで、この事件の全容が明かされない限り北条の真意もなにもかもが宙ぶらりんのままである。


・樋口が言っていた「光嶺の看板が試される」と言う言葉。
これは、4巻で東郷さんが朝桐に言っていた「光嶺は余所にぜってーに負けちゃいけねえ。その光嶺の看板守ってきた3年は強ぇぞ」という言葉に集約されていると思う。
敵が光嶺全体に喧嘩を売っている以上、総力戦は免れない。
LSDの時のように、派閥を超えて、今度は3年全員が出張って、北条率いるチームイーターを迎え撃つ覚悟と準備が必要であろう。また、個人的意見ではあるが、そうなることを望む。


・北条さんの人となりについて。
あくまでいままで出てきていた「北条さん」というのは、砂原及び柾木の回想によるところが大きい。しかし瀬下が「慕ってくる後輩を何人も束ねていたどえらい先輩」と評しているように、実際そのような人物だったのであろう。
ボンタン飴をかじってカンケリを楽しむ無邪気な子どものようなところのある半面、恐らくは感情に素直なゆえの冷酷さをも容易く発揮する。
どちらかといえば能天気で優しい兄ちゃんイメージの強かった北条であるが、本当のところは考えてみれば不明なままである。
しかし北条さんが砂原や柾木を舎弟として可愛がっていたのは事実であってほしい。
そうでなければ、北条の仇を取りたい一心で一匹狼として光嶺で生きていこうとしていて柾木が、北条の「カッコよさに」憧れ、迷走はしてしまったが改めて北条のような男になりたいと思っている砂原が報われない。
彼らが中学時代に共に過ごした北条は、彼らの心の中にいる通りの男であってほしいと心から願うばかりである。





以上、できの悪い論文の下書きのようですね(汗)


しかしここで休載か~~~!!
きっついぜマサ先生。でも次の展開期待してますからね。
北条さんと柾木の絆とか、柾木の北条さんへの想いとかを柾木の境遇を絡めて書いてほしかったんだけど、ちょっと無理かなー…。

ああもにゃもにゃする!!


ともあれ、長々と読んでくださり、ありがとうございました~♪
スポンサーサイト
00:24  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2011.09.15(木) 19:33 |  |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/181-07809d59

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。