10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.10.16 (Sun)

BOUT91感想~出会い―別れ―仲直り―蜜月―そして再び・・・~

このシリアスパート担当ならぬ昼ドラ愛憎劇班め…!!!(小躍り)

ふっはーふっはー!ふっふっはーーー!!!(なんか産めそうですマジで!)
いやあ皆さん、萌えましたねぇ。
ほんとやってくれますよ砂柾の二人は…!!
朝ちゃんと東郷さんの仲良しな掛け合いでくすっと笑わせほっこりした後でとんだ爆弾を落としてくる。
さすがですよマサ先生…アンタ…最高だぜ……(何度目)


まぁね、案の定といいますか、もう皆さん予想済みだと思うんですが、今週も長くなってしまいました。
しかも妄想と願望が炸裂した無駄な推論付きの文章となっております。
鬱陶しいことこのうえないですが、お付き合いいただけると嬉しいです。

ちなみにわたくし、今週の砂柾の一時の決別というシチュにたいそう萌えております。
「今週号の内容が悲しい!やっぱり千春は北条さんがいいの?砂柾が一時でも別れちゃうなんてだめー!!」と悲しんでいらっしゃるお嬢様が読んだら不快になるかも知れませんので、そういう心境の方は先に進まないことをお勧めいたします。

だって…あの砂原の取り乱しっぷり、柾木の無機質なほどの硬質な表情。

…萌えませんか?(笑)

ではでは、いきまーす。

【More・・・】


まずは軽いジャブとして、冒頭の東郷さんと朝桐の掛け合いからいきましょうw
んもうなんて可愛いんだこの人たち!!
俺様朝桐がすっかりやんちゃな弟になっちゃってて可愛い(´∀`)東郷さんがなんだかんだと面倒見ちゃうのもすっげえいいですよねぇ。
ちょいちょい入る瀬下のフォロー兼ツッコミが笑えますww
「わかった」とかめっちゃイケメン顔で言ってでてってすぐカランカラン戻ってくるのとかもうwww
派閥とかを超えて、いい先輩と後輩ですよねぇ。しかし東郷さんの男前っぷり色男っぷりがやばい…!!!!!
ホントエロいホントエロい(黙れ)
出てくるたびにコマ中に広がるフェロモンはマジ危険でさァ。ありがたやありがたや。


さ、そして今週のクライマックスです(^ω^)

一人街を見下ろせる高台のような道路にたたずむ砂原。前に瀬下に北条さんの件を打ち明けた時のような不安定さはあまり感じられず、北条さんのことを考えるも、その腹は決まっている、そんな表情です。
そんな砂原に電話をかけてきたのは桑村。
川地さんの意識が戻ったと伝え、俺も一緒にって「なんでオメーもいっしょに行くねん」て読者がツッコミを入れる前に問答無用で通話をぶった切られる、安心の桑村クオリティでございましたw
砂原はと言えば、今まで恐らく連絡を絶っていた柾木にようやく電話をかけ、川地のことを伝える。
いっしょに面会に行くだろ?と聞く砂原に、だけど柾木の様子はどこかおかしく、「そうか…よかったな…」っていう妙に歯切れの悪い柾木の言葉だけでなんかもうそのことに気づいちゃってる砂原さん、すげえな愛だね。

どちらにつくか決めたのかと問われた砂原は、しっかりはっきりと「光嶺の砂原竜介」と宣言。
まだ完全に吹っ切れたわけじゃないでしょう。迷いも残ってるはず。でも、ちゃんとぶれずに結論を出すことのできた砂原。かっこいいぞ!
…でも、その砂原に対する柾木の解答は、砂原だけでなく柾木ファンが恐れていた、でも、たぶんそうなるだろうな…って思っていたこと。

北条さんにつく。

この時の動揺して上手く言葉が継げない砂原の取り乱した様子がもうね…!!!
俯き加減の柾木の見えない表情と決別の言葉が本当にね…!!!

しかも、恐らくは通話を切った柾木に対して叫ぶ砂原。携帯めきめき言っちゃうくらい握りしめて痛恨の苦悩の表情を浮かべる砂原。

普段スカしたクールで冷静な男がここまで人間くさく慌てふためいたり苛立ったりするくらい心を揺さぶることができるのはやっぱり柾木なんですよね…!!!
やー休憩室でWM読みながらニヤケが止まらなかったこと止まらなかったことww

さて、ここでちょいと推測ターイム☆です。
自分の頭の中を整頓するためのごくごく私的なメモという言い方もできるような脳内補完なので、興味ない方は読み飛ばしてくださいませ~。



てことで、お題。
砂原の独白「アンタを信じてぇ。けどよ、俺の目には今のアンタは俺の憧れた男とは別の…」からの『北条は変わってしまっているのだろうか?』ということに関する推測。

あくまでBOUT91までの内容を踏まえた私論であり、しかも極めて信頼度の低い推論ですのでご容赦ください(^_^;)
この砂原の台詞は、今後の話の内容に関わってくる大きな意味合いを持っていると思われます。つまり、「実はやっぱり北条さんは変わってしまったのではないか」ということへの。
なぜ北条さんが変わってしまったかが重要かと言えば、ひとえに、北条さんにつくと決意した柾木に関わってくるからです。変わってしまっていて柾木が傷つくようなことになったらはっきりと………えっと、その、まぁぶっちゃけ萌えます(最低)
あばばばばばばすみませんすみません!だって受けが不幸になったりひどいめにあったりするシチュとか大好きで…!
あ、でも、それには大きな前提があって、「最終的にはちゃんと受けにとって救いのあるハッピーエンドになる」ということです。これが大事。これがなきゃ勘弁してほしい、救いがないなんて許しません(だって好きな子のことだもの!)
だからこの場合も、ベタですが、北条さんに裏切られたりひどいめに合わされたりした柾木のために砂原とか大将とかがめっちゃ怒り狂うとか(マジでベタだな)、なんだかんだ二転三転しようと、最後は最凶コンビとしての絆を見せつけてくれる、とか、その上で最後の最後に北条さんはちゃんと柾木のことを大事に思ってたんだよみたいなことが描かれるとか。
そういうのがあってこその途中不幸萌えなわけですよ。
えっと、何語ろうとしてたのか忘れそうなんで本題に行きますね(汗)


さて、自分がチームイーターだと正体を明かした時の北条さんは確かに『悪役』そのもののようで、今までに砂原と柾木の回想で出てきたり、瀬下が語っていたような人物とまるで変わってしまったように思われました、つまりは、通称「ブラック北条」ですw
だけど、次の週で35人抜きをしていた北条さんは、別段ブラック北条と言う感じはなく、むしろカンケリ遊びをしていた時のような、やんちゃな兄貴分のままであるようにも見えました。
ただ、ですよ。
この北条さんを目撃していたのはあくまで柾木だけで、砂原は見ていない。
砂原が、前述のブラック北条状態の北条さんだけを想像しながら述懐しているのであれば、北条さんが変わっていないという可能性も出てくる。
だけど、35人抜きをし、「拳でやりあった奴以外配下につけたくない」と語る北条を見ていた柾木は、「変わってないな」というような安心したような表情はしておらず、むしろどこか憂うような、考え込んでいるような顔をしていたようにも思われます。
勘の鋭い柾木のこと、ましてや大事な兄貴分の北条の変化を見過ごす彼とは思えない。
そもそも、「数を集めて光嶺を潰す」と豪語している時点で、「雑魚は群れるから雑魚になる」「勝っても負けてもどちらでもいい、ただカッコ悪い真似はしたくない」と言っていた北条さんとは明らかに違っていると言わざるを得ないのではないかなーと思えたり。
もちろんそれは、恐らくは次号で川地さんの口から語られるであろう北条&川地潰し及び北条失踪事件の真相如何によるところではあるのですけどね…。
変わっている部分もある、そして変わっていない部分もある、という結論では「そりゃそうだろう」と身も蓋もない感じではありますが(笑)、今の段階ではそう結論付けるしかない気がします。


それを受けて、果たしてどういう思いから柾木は「北条さんにつく」という結論を下したのかということが今度は重要になってきます。
もちろん入学してからひたすら北条の仇を討りたい一心で孤軍奮闘していた柾木の行動を思えば、まっすぐな彼のことであるし、北条の側につくのは自然な行動とも言えるわけで。
ただし柾木がすんなりと悩みなく北条さんにつくことを決心したか、といえば、勿論そんなことは微塵もないと思います。
それは、今の柾木にとっては、他にも大事なものがあると言うこと。
大きな事柄として、朝桐と言う男との出会い、そして、最凶コンビの片割れであり中学時代からの相棒である砂原が隣にいるというこの事実。
瀬下や大門寺、オニギリ、まぁおまけで桑村(笑)というわちゃわちゃツルむ仲間もできた。
中学時代のように、北条さんと砂原だけが心の中を占めていた時の彼とも、その北条さんも砂原も失って、命を顧みないような闘い方で足掻いていたときの彼とも違う。
右に大将、左に砂原、十分に彼は満たされていたし、もしも北条さんがチームイータなんぞでなければその充足感に輪をかけた幸福感でいっぱいだったことは疑いありません。
それでも彼は北条さんについた。
恐らくは「チームイーター」としてではなく、あくまで「北条の舎弟の柾木千春」という一個人として北条についたのでしょう。

入学当初のすさみまくってた柾木だったらほとんど悩むことなく北条さんについてったでしょうけどね…。
いつだったかの感想にも書きましたが、私としてはあっさりと心から北条さんに賛同して柾木が北条サイドにつくということはないと思うのです。北条さんが変わってしまっていたのなら、敵わなくとも自分の手で止めようと挑む、そんな不器用で一途なのが柾木千春だと思ってます。
だから…今回だって、たぶん違うんじゃないかなぁと思う。
「どっちを選ぶべきかはわかっているつもり」という言葉から、本当は北条さんにつくべきじゃない、っていうのが柾木にもわかってる。
だけどあえて柾木は北条さんについた。大事な相棒に別れを告げた。その表情(目の部分)ははっきりと描かれてはいないけど、晴れ晴れとした顔をしていないことだけは間違いない、きっと身体を二つに引き裂かれてるような苦しみを湛えている…と、勝手に妄想する次第です。だって柾木ファンだもの!(笑)
これまた勝手な妄想になりますが、「お前には伝えときたくて」という言葉は、読んでいる方が考えている以上に大事で重たい言葉なのかもしれません。

そこで…なんだか起承転結もまるでスルーしてる読みにくい文章で大変申し訳ないですが(汗)、なんで柾木が北条さんについたのかって言えば、きっとそれは…贔屓目もあるだろうけど、前述の通り彼の不器用な一途さゆえじゃないでしょうか。
柾木にとって…親も、おそらく兄弟もいなかったであろう彼にとって、北条という男は初めて心を許せる相手。強さを認めた相手っていうだけじゃなく、居場所をくれて、いろんなことを教えてくれた大切な兄貴分。
そんな人を見捨てられるでしょうか?(´;ω;`)
ズタボロになってもどんな結末を迎えようとも、俺はアンタを見捨てねぇ、見限らねえ。
例え大切な奴らと反目することになっても。
そう柾木が決意したのであれば……。


めっさヒロインです本当にありがとうございます(今までの文章台無し☆)


ハ ァ ハ ァ す る ね ! ! ! ! !



悩んで悩んで「おっまえ大丈夫かよ砂原…!」ってちょっとイラっときちゃう感じだった砂原が肚をくくって「俺は光嶺の砂原竜介」とブレずにたいそうな男前になったと思ったら、その相方の柾木は敵対勢力へとついてしまう。
なんというメロドラマwww
なんという愛憎劇wwwww
アバウト界のめくるめく愛と憎しみと別れと再会と新たなる絆を作り上げるドラマ班は砂原&柾木、君たちしかいないようだな…!!!!!



砂柾がめっちゃ好き…!!!て方の中には今週号で悲しかったり萎えちゃったりした方もいるかもですが、私は逆です、燃えあがりました。字ィ間違えてません、萌えましたが、燃えました(>ω<)


何がいいってくどいようだけど、別れを告げられた時とその後の砂原の反応!
激高して動揺して携帯きしむほど力入れて握りしめて…!!!!!
川地さんの病室まで行った時も、苛立ちも顕わに半ば八つ当たりに近く怒りまくってましたよね。
いやーやばい、ごめんこういう反応が見たくて仕方なかったんだ…!!!

各所で見ましたが、まさに「恋人に別れを告げられた男」のようですよマジで泥沼ドラマか!!

等身大の普通の男子高校生そのものになっちゃうくらいに砂原の心を揺さぶりまくってるのが、そしておそらくはただ一人揺さぶりまくれるのが柾木だってことが、ごめんなさい嬉しくてしゃーないのです…。
やっぱりクールな砂原より、こういう感情があらわになってる砂原の方が好きだなぁ私は。


だからね。
砂原、叫ぼう。

「俺にはオメーが必要だ柾木! オメーを一人にはしねぇ、ずっと傍にいる。オメーの背中は俺が守るし、俺の背中はオメーに預ける、だから…帰ってきてくれ柾木!!」



wwwwwwwwwwww
だめだ、叫ばせたら楽しくなったゴメンナサイ砂原ファンの方々ほんっっっとにごめんなさいw


まぁでもこれは実はお互い様ですよね。
全部終わった後、今度は柾木自身も砂原の傍にいるために努力しなきゃいけないこともでてくるでしょう。
言葉なり態度なり、尽くさなきゃいけない面も出てくるかもしれない。

…だからこのコンビは話し合わなきゃダメなんだヨ大事な時にさぁ!(笑)
ちゃんともっと会話による意思疎通をしなきゃダメなんだよ…二人の将来に関わることなんだからー(´∀`)


ああもうお待たせしまくった割にいつも以上に支離滅裂かつわけわからん文章で大変申し訳ありません(汗)
あとは軽く書きます。

さて、河原で樋口さんと対峙した朝ちゃん。話し合う場と言うよりもタイマン張るために呼んだんじゃねーのってシチュエーションですw樋口さん実は天然疑惑☆
東郷さんには「長幼の序な」っていいこに言ってみたものの、いざ本人を前にして色々と思いだして気が変わって思いっきり仕掛けちゃう大将。
それでこそ大将wwwもう大好きよ!!!
ドラム缶踏み切って樋口さんの左側面に思いっきり飛び蹴りかまそうとする大将。2巻冒頭で樋口さんに初めてハイキック喰らったのと同じ場所にあえて蹴りを入れようとしてるんですよね、これって、たぶん。
軽々とガードしちゃう樋口さんパネェです。
それでも何度も何度も飛び掛かる大将。ホント、この人はいつでも朝桐だなあ。
正直、朝桐だけが事の真相(北条事件について)を聞いたとして、砂柾やら瀬下やらにちゃんと説明できるんだろうかと思ってたんですが、こりゃ話聞くのはなかったことになりそうですね(笑)
で、代わりに川地さんの口から砂原に語られる、ってことになるようで。
知りてぇのは過去より現在(いま)!の煽りに痺れますなぁ。

たまにしかって、全然言われないって答えよりもツッコミどころがあって好きだわー。

さて、本編も盛り上がりすぎて血液沸騰状態なんですが、やってきました第二回人気投票☆
3人の名前書いて、当たればその3人の色紙か…!!!当たらないだろうとわかっちゃいるけど構成をうっかり考えそうになるw奇をてらった3人を書いたら案外描いてくれるだろうか(笑)
つか、3年無双クオカほすぃいいいいいいい!!!(大興奮)ひぃぃ垂涎もの!!
とかいって、さりげなーーーく今週の読者アンケプレゼントのクオカの中にもアバウトあるし…。大将もかっこいいけど、やっぱりこの3年無双が欲しすぎるわwww
もうマジでアバウトほどキャラブック&画集が欲しいと思う漫画もなかなか無い…!特装版を作って主要キャラのプロフ書いたぷちキャラブックとか付けるべきだわよー編集さん、したら3冊買いしてやんよ…!(普段は2冊w)


…え?
K-BOUT色紙ですか?w
まぁ欲しくなくなくはないですww


それよりも早く来週号ーーー!!!
楽しみですね!!


スポンサーサイト
00:31  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/186-f7a0c4f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。