06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.11.18 (Fri)

BOUT96~体張って本音語り合うってエロいと思う~

毎週毎週脳内を祭状態にしてくれる砂柾さんたちに乾杯☆


さて、まず一つ。
今週号と言うよりも先週号に続く感想…というか妄想ですが、久々に1、2巻を読み返して思ったわけです。
自分より後から舎弟になった砂原に懐く(心を許す)には恐らくは滅法時間がかかったであろうに、朝桐に対しては出会ったその日にソッコー懐いてしまった。
ていう事実を知っちゃった(或いは気づいちゃった)ら、そりゃあ砂原さんも妬くわwww

と、思いました(笑)
やっぱりガンバレ、砂原。(合言葉)

今週はとにもかくにも殴り愛(漢字間違えてないよ!)な砂柾でしたね。
相変わらず今週の感想も妄想たくましい内容になっておりますが、お付き合いくださると嬉しいです(^ω^)

【More・・・】

先週の膝蹴り、かなーーーりきっつい一撃だったのですね、千春のアバラがメキメキいっとるーー!!
くそう、携帯、顔の皮膚に続いて嫁のアバラまでメキメキさせるとは砂原め(何)
次いでハイキック、2巻を思い出す光景です。
ふらふらでも怯まず屈せず立ち上がる柾木の姿もまた同じく。

ここで今回…いや、アバウト史上と言ってもいいですかね、特筆すべき出来事。

柾木の心象風景が、心の声が描かれたということ。

なんだかんだと、今までを思い返すに、今回のように柾木が思っていることが描かれたことはほぼありませんでした(仁宮戦で過去回想が入ったりはしましたが)。
それはひとえに、柾木のキャラがブレていないため、行動だけでけっこう思ってることがわかりやすいからというのもあったと思われます。
でも、別段饒舌な子でもないし、あくまで「こういう過去を持っていて普段こう言う言動をしていたりするから柾木と言う子はここではこう思ってるだろう、だからこうやって行動したんだろう」と、予測と想像と妄想(笑)によって読み手の中で育っていくキャラではないでしょうか。

それが、砂原の叫びに応える形で、柾木が大切に想っている者(朝ちゃんだらけのコマに萌え、その中に2話の柾木を引っ張り上げたコマがあったことに萌え、オニギリがやっぱり柾木にとってけっこう大切なんだなって思って萌え、案外桑村が普通に仲間として認識されてるっぽくて笑いました(おい))、本当は自分はどうすべきかやっぱり理解しつつ北条さんについていた側面もあったんだなと、ちゃんと描かれていました。
マサ先生ありがとう…!!!
これでさらに妄想の幅が広がります(おい)

葛藤が、苦悩が言動に垣間見れて痛々しくも美しさを増す柾木。

「頭がよすぎて心が見えない」

…ものすっごい台詞ですよねこれ。
よく聞く台詞だよ恋愛ドラマとか漫画とか小説とかで…!

柾木も不安だったんでしょうね、たぶん砂原一人で熟考したかったんだろうけど、瀬下に北条さんの件を告げた後、柾木からの連絡も無視してたんじゃないでしょうか。柾木も連絡してなかったかもですが(^_^;)
もしそうだとすると、当然彼の頭に、春先の第一次訣別事件が甦ってきても不思議じゃない。
あのときの孤独を。ぽっかり空いた胸の中。苛立ちと焦燥を。

わけわからねーと本音をぶつけたいのに相手は連絡も取れずどこにいるかもわからず。
ならば自分も自分だけで考えるしかない。
それによって出された答えは当然ながら北条さんについていくというもの。
前に勢いで書いて小噺ブログに投下した柾木の嘆きと叫び、案外間違っちゃいなかったなぁ。

それにしても、だ・か・ら・君たちは本音をぶつけ合えって何度も言ってるでしょうが…!!!
まぁ今ぶつけ愛(漢字マチガエテナイヨ!)をしているわけですが。
この本気の殴り合い蹴り合いのシーンいいですよね…!砂原がぞくっとするほどの眼光と殺気でもって殴りかかった柾木と砂原の蹴りによるクロスカウンター(というのか?)の見開きシーンは燃えました。
砂柾は血みどろが似合いますねw

瀬下が「なんで憎み合わなきゃなんねーんだ」っていうけど、違うんだよね。
誰よりも大事で信じたくて互いが一番であってほしいダチでコンビで相棒だからこそ、愛憎が生まれちゃうんだよね。そしてそれをぶつける手段が彼らの場合拳と拳のぶつかり合いなんだ。
ちなみに普段は体と体の重ね合い(真顔)
昼メロなんて安っぽい言い方はもうできないな。
立派な愛憎劇、人間ドラマだよこの北柾砂の関係は…。


つまり今回は。

「砂原このボケカスバカハゲ!!! なんなんだよオメーなんなんだヨ! いっつもスカしてカッコつけやがって一人でなんでも決めやがって、オメーのこと全然わかんねぇよなんで本音をいつもいつも隠しやがるんだよ、俺ァオメーみてぇに頭良くねェから言葉にされないとわっかんねえんだよクソボケ!!俺はオメーのなんだんだよバカバカバカハゲ!!(半泣き)」
皿だの包丁だのナイフだの投げてもっと本心見せろボケと言いたい嫁。
「ちょ、オメーハゲハゲ言いすぎだろが! じゃねえ、本音がわかんねーのなんててめぇだって一緒じゃねえか柾木よォ!! 一人で決めちまったのはオメーだって同じだろうが俺こそオメーのなんなんだ馬鹿野郎!!(マジ泣き)」
本心見せないのはお前もだろと反論する旦那。
「うっせばーか!! ンだよあの時だって…北条さんがいなくなったときだってオメー勝手に樋口ンとこつきゃがって俺がどんな気持ちだったか…!!(グスッ)」
それ言われたらもう返す言葉もない旦那。
「うっ…そ、それは…
ため息北条さん。
「あーもー、見てらんねぇよ」

なにはなくとも痴話喧嘩です本当に(ry

そりゃ北条さんも出てきたくなるわw
でももうちょっと殴り合せてればもっともっと深い本音を吐露し合ってたと思うんだけども…!
あれか、そうしたら柾木が完全に迷いを見せると思ったがゆえですか。

少し追記。
北条さんが出てくる前に瀬下が「なんで憎み合わなきゃ~」っていう台詞と、北条さん自身思うところがあるような「……」の描写があるから、ここはやっぱり、一番のツレだった川地と自分のことを思い出して、柾木に砂原に対して手を下させないように(或いはその逆もしかり)自分が出てきたのかな…と思いました。
北条さん…なんか胸が痛いよ!(´;ω;`)



しかしダメだもう何だこの構図。
北条vs砂原、柾木杯(カップ)に見えるのは私だけ!? はい、すみませんでした!(自棄)

しかし砂原ダメじゃーん、一等大事な嫁さんに不安な思いさせちゃあ。
態度でわかってると思っていたんだろうね。まぁ確かにね、不純さを抱きまくってる読み手にはビンッビンにアンタの想いは伝わってきてるんだけど、いかんせん肝心の嫁さんに通じてないんじゃw
言葉にしてくれないとわからないんだよ、自分に向けられる好意に鈍い寂しがりのテトなんだからさー。

って、…どこの恋愛ドラマだっ!(*´д`*)←隠しきれない本音顔。

そうだよね、ちーちゃんみたいに言葉の裏を読んだりするのがめんどくさいガチンコ勝負タイプには、直接的な言葉が何よりも聞くだろうし、喜ぶだろうね…。
そりゃあ大将のことすげえ好きなはずだよ柾木。北条さんのことも。

ダメだ、やっぱり変わらない結論。
砂原ガンバレwww
てかね、言っちゃいなよ!
「戻ってこい柾木!!!」
って!!YOU言っちゃいなよ!!!
鼻血出してボロボロでフラッフラな状態で、心の奥のマジな本音を吐露してフルチンになってぶつかれよ(という書き方をまんま情景化すると変態のようだw)
そしたら万事丸く収まる気がするんですが。

青春だね、泥沼だね!!
いやこれも仲直り後にさらに深まり合う絆の布石と思えば…!!

それにしても北条さんが出てきたときの柾木の表情がまた可愛かった。どうしてこの人が絡むとこんなにも可愛い顔を無意識に見せてくれるのか。調教の結果なのか(黙れ)
砂原をぶん殴る直前の柾木の顔が、驚愕と衝撃に溢れた表情が痛々しくもとっても萌える。
この子の心でも砂原(や朝桐たち)と北条さんがぐらっぐら天秤で揺れまくってるんだろうなァ。ブレてるっていうのとは違う。
どっちも大切で大事で大好きで、でもどうしようもない。片方を選ばなければいけない状況にある。
どうなるんだよー!どうするだろう、柾木は。
とりあえず砂柾、北柾に萌える腐女子としては、妄想ワールドを繰り広げようと思いますw

①ブラック北条さんと砂柾
殴った砂原に対しさらにとどめの一撃を加えようとする北条の背にしがみつく柾木。
「もう…充分だろ北条さん、やめろよ…そいつ…砂原なんだぜ…!?」
「柾木。…おめーもけっきょく、裏切るってわけか、はははっ…」
「!?」
強烈な一撃を喰らい倒れる柾木。
「オメーら、後はやっとけ」
と楷統の連中に任せ去り行く北条。
瀕死で動けない二人を瀬下はなんとかかばいながら必死にその場から逃げ出した――。

②北柾と砂柾
地面に倒れ伏し、完全に沈黙した砂原。
何とも言えない表情で立ち尽くす柾木の肩を北条は抱き、
「行くぜ」
と促す。
ちらりと振り返る柾木の表情は泣きだしそうにも見えたと瀬下は思った。
何かを振り切るように背を向ける柾木は、北条たちとともに夜闇の雑踏へと消えた。

③病んだブラック北条さん×柾木と砂柾
アジトに帰った北条は、めちゃくちゃに柾木を抱く。壊そうとするかのように、揺さぶり、突き上げ、噛みつき、狂わせようとする。快楽よりも傷を与えたいと言わんばかりに。
北条よりも一回り小柄な柾木を腹の上に乗せ、いきり立った凶器を穴に突き立て容赦なく揺さぶる。
「ほじょ、さ。やあっ…!!」
「いやじゃねえだろ柾木っ…。ほら、腰振れんだろ…!?」
「あ、あ! ひっ、う、ぅうっ……うぁ、あ、あ、うん…ッ!!」
「どこにもやらねえ…裏切らせねえ……傍にいろ、いてくれ、柾木」
「ほ、じょうさ…」
ひゅうひゅうと息も絶え絶えの柾木は北条の頭を抱く。悲しすぎて涙も出ない。
その資格など失われているとわかってはいても、ただただ自分が裏切り傷つけたあの男への助けを求める声だけが、柾木の心に渦巻いていた。



…妄想って、楽しいよね(テヘペロ



えー、気を取り直して。
あの日から時間が止まってしまったと言い放つ北条さん。光の射さない瞳が痛々しく感じる。
それを動かすには、樋口を、光嶺をブッ潰すしかないという妄執に近い思いに囚われてしまっている。
たぶん北条さんの一番大事な部分が変わっちゃったんだろうな(´;ω;`)
土下座事件の真相がわかった号の煽りにあった通り「修羅へと」変わってしまったんだろう。

一方、北条さんが失踪して以来、砂原、柾木も、時が止まってしまっていた。
そう…もう彼らの場合は過去形なんだ。
特に柾木なんかは、あの一匹狼で周りのすべてが敵だったころに北条さんが現われていたら、一も二もなく葛藤もなく、北条さんにつき従っていただろう。
砂原は――どうだろう、柾木も言ってたけど、迷って葛藤してる割には本音を柾木にすら言わないから傍から見ればわけわからん野郎としか思えない節もあるし、どうしていたかはわからない。

北条さん、アンタなにもかもすべてを失ったわけじゃなかったんだよ?
こんなにまで、人生変わっちゃうくらいアンタのこと想ってた舎弟が、未来の後輩がいたんですよ?
それに思い至ってくれていたら、何か違っていたんだろうかなぁ…。切ない。

とにもかくにも彼らも同じように時間が止まってしまっていたけれど、とあるワケのわからん馬鹿のくせに妙に器がでかくてくっついていきたくなるような男が現われた。

我らが大将、朝桐真之輔。

あえて俺はそこへ行く。あの学校でどこまでどかずに道を歩けるか。試してみるのも悪かねぇ。

そんなことを言っちゃう破天荒男は、柾木の頑なな心の殻をぶっ壊し、砂原の意地を粉砕した。


彼らの時間は動き出した。


北条、柾木、砂原。
今、過去にいるのは、北条さんただ一人だ。



やっぱり、だからキーパーソンは大将なんだろう。北条さんの止まってる時を砕いてくれる張本人になるか「きっかけ」になるかどうなるかはわからないけど。
いずれ光嶺を引っ張っていける底の見えない器を持っている朝桐。
樋口すらそれは認めているみたいだし。
そんな樋口と重なる部分を持ち合わせているけど、そういった『光嶺の掟』てき因習にとらわれない朝桐真之輔という人物像が、きっと鍵になるのではないかと――。

勝手に妄想してる次第でございます(笑)


さ、そんなキーパーソンな朝桐、そして樋口はといえば。


先週の予告の「あの男」こと、久葉登場ですw
早いよ!!

小宮山たちは久葉の仕掛けた捨てゴマ、様子見の軍勢だったんでしょうかね。
久葉の実力を見抜いた樋口さんが早くも臨戦態勢なんですけど…!どーすんの!トップ争いがこんなにも早く始まっちゃうとは(笑)
朝桐が出張るか、どこかで見てる(または様子を見に来た)東郷さんが来るか、それとも北条さんから「とりあえず今は戻ってこい」的な電話かなんかが来て一時休戦の形になるか。
どうやって収拾つくか、こちらも混沌としてわからなくなっておりますね。




つーか来週は一日早く読めるわけですよね水曜が祝日だから!!
…次の週読めるまでに一日遠いじゃんていうツッコミは無しの方向で。
というか、そろそろ合併号が入り始めるから下手したらめちゃめちゃ気になるところで来週へ続くっていうのも覚悟せねば。あの吉岡さんのときみたいにw
そしてもう少しでアバウトもとうとう2周年ですよ…!!!
12月には人気投票結果発表&カラーもあるし楽しみ(´∀`)


しかし柾木はどうするのかな。どうなるのかな。
北条さんについていくしか彼には道は残されてないと思うんですよね、いきなり翻って砂原や朝桐の方に戻るってのも彼らしくないし。
やはりここは手ひどく北条さんに裏切ってもらうしか…いやいや、でも裏切られた過去をもつ北条さんが可愛い舎弟(しかも自分についてきてくれる)をそんな目に遭わせるか?楷統ルパン一味が暗躍して柾木が陥れられて…っていう展開ならすっげえ萌えるんですが(*´д`*)
北条さんのことが大好きな柾木の想いも報われてほしいとも思うし、でもやっぱり朝桐軍団の中できゃっきゃしてる彼らを見たいと言うのが一番だし。

なんという人間ドラマだ。マサ先生…やっぱアンタ最高だぜ。


てとこで、今回も非常に長くなりましたが、お読みくださりありがとうございました!(´∀`)

スポンサーサイト
00:31  |  マガジン感想  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://springteto.blog71.fc2.com/tb.php/193-4892bfd7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。